【ロシアワールドカップ開幕記念!】2010年南アフリカW杯でぐるぐるダンスをした5人のその後とは?

いよいよ今夜ロシアワールドカップが開幕します。今夜行われる開幕戦、ロシア対サウジアラビアを前に2010年南アフリカワールドカップを振り返ります。開幕戦である南アフリカ対メキシコで先制点を決め、グルグルダンスをした5人について調べてみました!

背番号8;シフィウェ・チャバララ

中盤でボールを奪い、ショートカウンターで左足を豪快に振り抜いたのが左MFのシフィウェ・チャバララだ。33歳となった現在も当時所属していた南アフリカのカイザーチーフスに所属しており、これまで2度のリーグタイトルを獲得した。代表引退は表明していないが去年11月までは南アフリカ代表に召集されている。1

 

Hello Thursday 😊

A post shared by Siphiwe Tshabalala (@siphiweshabba) on

9番;カトレゴ・ムフェラ

当時は南アフリカのマメロディに所属していたFWだが、04/05にはフランスのストラスブール、翌05/06にはランスでプレーしていた。33歳となった今、セルビアの名門パルチザンに所属している。南アフリカ代表では2013年まで召集を受け53試合で23点を挙げている。2

11番;ティコ・モディセ

当時母国のオーランド・パイレーツに所属していたMF。その後、2011年に国内のマメロディの移籍した。35歳となった現在ケープタウンシティに所属している。無類の車好きで、南アフリカW杯の後、イギリスの高級車アストン・マーティンを購入したが銀行のローンで購入したため、支払いが大変だったという。3

12番;レニールウェ・レツホロニャネ

当時、チャバララと同じカイザーチーフスに所属していたMF。36歳となった現在はスーパースポーツ・ユナイテットでプレーする傍ら、「88Apparel.Q」というブランドを共同経営している。4

13番;カギソ・ディクガコイ

当時フラムに所属していたMFカギソ・ディクガコイはその後、クリスタルパレス、カーディフに所属した後母国のゴールデンアローズを最後に2017年に現役を引退した。

引退後は、スポーツユニフォームのビジネスを始め、今年になってアンブロとの契約が満了したマラウィ代表のユニフォームサプライヤー契約を勝ち取った。南アフリカデザインのユニフォームが近々出来上がるという。製造は台湾ということで、日本からも購入可能?5

サンプルデザインはこちら!

 

 

 

脚注

  1.  ¿Qué fue de la vida de Siphiwe Tshabalala? -Goal.com es 
  2. https://en.wikipedia.org/wiki/Katlego_Mphela
  3. TimesLive-2017.11.30
  4. https://en.wikipedia.org/wiki/Reneilwe_Letsholonyane
  5. Swetanlive 2018年3月8日