「マンチーニ監督、試合のチケットください。お返しにイタリアのサラミを差し上げます」突然メッセージを送ったらこうなった!

A life in football ⚽

A post shared by Roberto Mancini (@mrmancini10) on

SNSが異常な発達を見せている現代。Instagramで著名人をフォローをすれば、直接メッセージを送ることができる。だが、有名であればあるほど返事が返ってくることはない。

そんな中、イタリア・マルケ州に住むレオナルド君は、友達4人でスコットランド・エディンバラを旅行中、同じマルケ州出身でゼニトのマンチーニ監督のInstagramにメッセージを送った。「Calciatori Brutti」Facebook公式1が伝えている。

レオナルド君(以下、レ君)

こんにちは、マンチーニ監督。

僕たちはマルケからエディンバラに来た男の子4人組です。

みんなで木曜日のELセルティック戦で監督の応援ができればと話していたところです。

チケットをお譲りできますか。お返しにチャウスコロ(マルケ州特産のサラミ)をお持ちしますので。

マンチーニ監督(以下マ監督)

(試合のあるグラスゴーまで)来てみてくれ。チケットを用意できるかわからないが、試してみるよ。

レ君

ありがとう、監督!!!!!

マ監督

いえいえ。

レ君

また連絡ください。

マ監督

君たちから連絡をくれ。私からは木曜の朝チケットが取れたら連絡する。

聞いてはみるが、まだ取れるかはわからない。それでもいいか?

レ君

もちろんです。

ただ5人になるかもしれません。

スコットランド人の女の子をお連れします。

監督本当にありがとうございます。僕たちは素敵な女の子を手に入れました。(チャウスコロはトリュフ入りです)

マ監督

(サムアップの絵文字)

レ君

(ハートマークX2)

マ監督

チケットが取れた。全員の名前と苗字、生年月日を教えてくれ。

レ君

(全員の名前、生年月日を送る)

マ監督

これでOKだ。グラスゴー駅の近くにあるラディンソン・ブルーというホテルにチケットを取りに来てくれ。

(中略)

レ君

何時に伺えばいいですか。

マ監督

16時ごろだ。

レ君

監督、感謝しかありません!

 

なんと、チケットをゲット!しかもブロンドの美女まで。。

席はアウェイ席ではなく、メインスタンドの席だったようだ。しかも、マンチーニ監督のすぐ横だ!

CALCIATORI BRUTTIさんの投稿 2018年2月16日(金)

心温まるストーリーだ。ゼニトは0-1でセルティックに敗れてしまったが、サッカーの素晴らしさを改めて感じさせてくれたマンチーニ監督だった。

脚注

  1. https://www.facebook.com/CALCIATORIBRUTTI/photos/pcb.1806264529411973/1806264159412010/?type=3&theater