元レアルマドリードのウッドゲート、地元ミドルズブラでアシスタントコーチしています!

#tbt it’s all about the timing @spursofficial

A post shared by Jonathan Woodgate (@jonathanwoodgate39) on

衝撃を与えたレアル・マドリード移籍

ミドルズブラのアカデミーで育ち16歳の時にリーズのアカデミー1へ移籍。98-99シーズンにトップチームデビューした。その後、財政難から2003年1月にニューカッスルへ移籍すると2004年には能力が評価され、レアル・マドリードへ移籍。しかし、怪我が多く、2シーズンで9試合にしか出場しなかった上、2000万ユーロ(当時のレートで26億円)での高額な移籍であったため、2007年、ネット上で「21世紀最悪の契約」に選出された。2006年にはローンでミドルズブラへ復帰し、2008年にトッテナムへ移籍する。08/09シーズンには34試合に出場する。2011年にはストーク・シティに移籍、2012年から2016年にかけてミドルズブラに在籍後、現役を引退した。イングランド代表では8試合に出場。

引退後はリバプールでスカウト、そして。。。

2016年に引退すると、ユルゲン・クロップ監督の元、レアル・マドリードでの経験を買われ、スペイン・ポルトガル地域のスカウトを担当した2。そして2017年3月28日、ミドルズブラでのトップチームのアシスタントコーチ就任が発表された。17年6月からはUEFA Bライセンス取得のためU-16とU-18のコーチを兼任した3

チームは現在チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っているが、先日ストーク時代の恩師であるトニー・ピューリス監督の就任が発表され、ウッドゲートはトップチームに再昇格した。現在チャンピオンシップで8位につけている。果たして来シーズン、プレミアリーグでウッドゲートの姿を見れるのだろか。

脚注

  1. Jonathan Woodgate-wikipedia
  2. Jonathan Woodgate joins Liverpool scouting team based in Europe
  3.  Woodgate Takes Up New Role Within The Boro Academy