元スペイン代表ルイス・ガルシア、プレーした中で最高の選手は……

 

現在、ラ・リーガ主催「クラシコ祭」のPRで来日中のルイス・ガルシア1

バルセロナユース出身で、02/03シーズンに移籍したアトレティコ・マドリードでは8点を挙げる活躍をし、バルセロナへ復帰した。バルセロナではロナウジーニョ、サビオラと3トップを形成し、活躍すると04/05シーズンにはリバプールへ移籍。そのシーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメントではベスト16からレバークーゼン戦やユベントス戦チェルシー戦で重要な決勝ゴールを挙げるなど、イスタンブールの奇跡はルイス・ガルシアなしでは成しえなかった。

イベント前には会見に応じ、様々な質問が飛び交った。

 

–今までプレーした中で最高の選手は?

ロナウジーニョです。03年、一緒にプレーした中で当時は群を抜いて最高の選手でした。

–日本の選手で一番注目している選手は?

久保建英選手です。今年U-17W杯を見て、日本のサッカー史を作り上げる選手だと思いました。

–イスタンブール奇跡のハーフタイムでロッカールームで何が起こりましたか。

秘密です(笑)。それは冗談で、5分は休憩をした後、10分はもう一度チームを立ち上げる話がありました。その中で2つ変更がありました。1つは負傷をしたフィナンが下がり、ハマンが入りました。そして、ジェラードがトップの位置に入りました。

早段階でゴールが入れば状況が変わるという話もありました。

 

現在はラ・リーガとリバプールのアンバサダーを務め、解説者など様々な活動をしている。

写真:instagram; @kazuma_photo

脚注

  1. ウィキペディア・ルイスガルシア