元イタリア代表ペロッタ、イタリアサッカー選手協会にいた!

ウィキペディア1をまとめるとシモーネ・ペロッタは1977年9月17日イギリス・マンチェスター近郊の町、アシュトン・アンダー・リンに生まれたMF。5歳の時に両親の出身地であるイタリア南部のカラブリア州に移り住んだ。 

レッジーナのユースで育成され、1995年、当時のセリエBでデビュー。その活躍が認められ、1998年にユベントスに加入したが、アントニオ・コンテ、エドガー・ダービッツなど世界最高クラスの選手がいる中で出場機会を得ることができず、1999年バーリへ移籍し出場機会を得る。2001年にキエーボに移籍すると、ミラクルキエーボの一員として01-02シーズンには5位でフィニッシュ。2004年にはローマへと移籍を果たす。特にローマでは06-07シーズンにはゼロトップシステムのトップ下で躍動し、チームも2位でフィニッシュした。その後、2013年までローマでプレーし引退。スタミナがあり展開を読む能力に優れ、フォワードのセンスを兼ね備えたMFだった。 

ペロッタのゴールをまとめた動画がこちら! 

ペロッタは引退直後の2013年からイタリアサッカー連盟の職員となり、「I Football – Italian Football Talent」2というイタリアの有能な若手選手を紹介する番組の司会を担当した。 

現在はイタリアサッカー連盟のタヴェッキオ前会長の解任を求め話題となった、元イタリア代表でローマでともにプレーしたダミアーノ・トンマージが会長を務めるイタリアサッカー選手協会でジュニア部門の役員を務めている。 

今年の夏にはイタリアサッカー選手協会主催のサッカーを通じての子供達の人間性を養うトレーニングキャンプで指導をしている。 

 サッカーを通じて行う活動です。いじめや社会での振る舞いについて話したり、自己評価をする機会を与える場です。さらには、子供たちに自信を与える場でもあり、子供達同士で素晴らしい時間を過ごす機会でもあります。

独立して今後人生においてすることや仕事では犠牲を惜しまなければ何も達成できません。サッカーは練習があってこそ出来るもので、仕事は勉強やインターン (イタリアでは大学を卒業後インターンを経て正規雇用となるケースが多い)や挫折を経て出来ることだからです。今回の活動で今後の人生をどう生きるか、分かるようになります。子供達にこの考えを植え付け、両親や先生達が成長させる基礎を作ることがこの活動の目的です。

脚注

  1. ウィキペディア・ペロッタ
  2. https://it.wikipedia.org/wiki/Simone_Perrotta