フランス代表最多キャップ!哲人テュラム、活動家に転身していた!

数々のタイトルを獲得した名ディフェンダー

ウィキペディア1をまとめると、リリアン・テュラムは1972年1月1日にカリブ海にあるフランス海外県、グアドループに生まれる。9歳の時にパリ郊外のフォンテヌブローに移り住み、サッカーを始める。1988年モナコにスカウトされ、1990年、当時のベンゲル監督の指導もあり身体能力の高さと1対1の能力の高さが注目され始める。1996年にはイタリア・パルマへ移籍。98年にはフランスW杯を制覇、98-99シーズンにはUEFA杯(現ヨーロッパリーグ)とコッパ・イタリア優勝を果たす。そして、EURO2000ではイタリアを下して優勝。2008年まで続けた代表キャップはは歴代最多の142試合に上る。 

2001年にはユベントスへ移籍し、01-02シーズンからのセリエA2連覇を達成。 

2006年、セリエAの八百長事件(カルチョーポリ)の影響でザンブロッタとともにバルセロナへ移籍する。 

2008年、パリサンジェルマンへの移籍が決定するもメディカルチェックで心臓肥大が発覚するも、診断が誤っていた。しかし、実兄を心臓発作で亡くしており、母親を安心させるために引退を決断した。 

脚注

  1. ウィキペディア・テュラム