元アルゼンチン代表アジャラ、○○になっていた!

アルゼンチン代表で歴代2位の115試合出場!

「ウィキペディア」1をまとめるとロベルト・アジャラは1973年4月14日にアルゼンチン・パラナに生まれた。ポジションはディフェンダーで、同国のフェロカリル・オエステでプロデビュー後、リーベルプレート、ナポリ、ミラン、バレンシア、サラゴサ、ラシン・クラブ(アルゼンチン)でプレーした。特にバレンシア時代にはリーガエスパニョーラを2度制覇、2003年にはUEFA杯(現ヨーロッパリーグ)との2冠を達成した 

アルゼンチン代表としても1998年のフランスW杯、2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯を含め同国歴代2位となる115試合に出場した。オーバーエイジ枠で出場したアテネ五輪では強固なディフェンスを作り、大会無失点で金メダルを獲得した。177cmと小柄ながらもジャンプ力でカバーし、闘争心をむき出しにするプレースタイルが特徴だった。

引退後は○○になっていた!

アルゼンチンの大手スポーツ紙「Ole」に問い合わせると引退後の2011年~2013年ラシンクラブで、2013年~2015年にはバレンシアのスポーツディレクターを務めた。しかし、その後は監督のオファーを待っているということだった。2015年以降について調べてた。すると。。

なんと、フットゴルフというサッカー版のゴルフのプロプレーヤーになっていた。 

2016年のホンジュラスで行われた大会で優勝し、American Footgolf Leagueが定める世界ランキングでは17位につけている。スペインのAS紙が今年、ラスベガスで行われた大会に出場したアジャラを直撃している。 

 

たまたまやってみたらはまっちゃってね。プレーする環境も整ってて、競争もありリラックスしてできるスポーツだね。
ツアーでいろいろ回ってるから、スペインにも行けるといいね。

ちなみに、日本には日本フットゴルフ協会があり、今年10月には長野県軽井沢町でジャパンツアーが開催されている。 来年も開催するようだ!

アジャラは来年の大会に参加するのだろうか。 

脚注

  1. https://en.wikipedia.org/wiki/Roberto_Ayala